2022年7月後半号

Aug 25. 2022 かごしまんまだより

この度はご注文いただき、ありがとうございます。商品は無事に届きましたでしょうか。                      
卵や豆腐等の破損、野菜や商品の凍結(葉物野菜の溶け)などがありましたら、到着日またはその翌日までに
ヤマト運輸または弊社へ連絡をお願いします。写真を添付頂けますと状況把握・業務改善につながります。

メルマガを読んでくださっている方には重複する内容ですみません、急なお知らせが2つあります。
1【西さんちの無農薬米シリーズ商品は夏休みはおやすみです】
それはなぜか。実は、西さんが学習塾の塾長をされているからです。
(昼間は農業されて夜は塾の先生をされているって、どんだけすごいんでしょうか・・・)
塾業界は夏休み冬休みが一番忙しい!!!
なぜなら全学年の子供たちがいっせいに毎日塾へ通うので、朝から晩まで授業のコマが入って休む暇がないから。
ってことで、「精米や袋詰めなどの作業ができなくなるので夏休みの間はお休みさせてください」との連絡が入りました。
西さんは、ギリギリまでどうにか農業と塾を両立できないか悩みましたが「今年の夏はムリ!」と断念されました。
急なアナウンスで申し訳ございませんでした。
ご注文受付再開は夏期講習が終わる9月1日予定です。

2【ぐるめ畑・他 無農薬・減農薬栽培 みず菜 のご注文は7月22日迄】
ぐるめ畑さんではベテランのスタッフの方が高齢で辞められました。
すると慢性的な人手不足となってしまいました。
苦渋の決断で水菜の生産をいったんやめることとなりました。
非常にさみしいですが、ぐるめ畑さんの無農薬栽培みず菜のお届けは7月いっぱいです。
こちらも本当に申し訳ございません。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【鹿屋小豆計画、圃場の土壌分析をするの巻】
どれだけ「かのやあずきプロジェクトと読んでください」と言い続けても、『小豆計画』ロゴのインパクトが強烈なのか、みんな『あずきけいかく』と言っているので、もういいです小豆計画で。
とても盛り上がりつつあります。しかしここは田舎で高齢者が多く、まだ多くの方がメールもラインもネットもアプリもナビも使いこなせません。
土壌の地質分析をしようと思い、生産者さん20人ひとりひとりにメールを送りましたが返事なんて来やしません。
メールの数だけ再度ひとりひとりに電話をかけて説明をしました。
するとそのおひとりおひとりが土を持ってきてくださって、ありがたいことにそれぞれかごしまんまで話し込んで帰って行かれるので、全員完了する頃には私の声はすっかり枯れきって人相も変わっていたとかいないとか(ウソです)。
その後おひとりおひとりの土をジップロック袋に入れ直し、ラベルを作成してどうにかこうにか鹿屋市役所の閉庁時間ギリギリに滑り込みセーフし、農政課に土壌分析依頼しました。

今日も皆様の冷蔵庫と食卓とおうち時間が安心と幸せで一杯になりますように。同じ空の下、心から願っています。

Edit by 山下 理江