2024年1月後半号 かごしまんまだより

Jan 19. 2024 かごしまんまだより

【鹿児島の地小豆の復活プロジェクトへの達成御礼 ネクストゴール挑戦中!】
コロナ禍、戦争、物価高、円安、大震災・・・誰もが生きづらさや暗い気持ちを感じるこのご時世に、名もなくひっそり消えつつあった在来種小豆の復活プロジェクトを多くの方々に応援して頂き、心より感謝申し上げます。
ここ数年、度々送料や商品の値上げをしなければならなかったこと、出荷日をやむなく金曜日のみに変更したこと、それらに対していつもたくさんの応援や激励のメッセージを頂いてきたこと、ご注文のたびに励ましや感謝のお言葉を添えてくださったこと・・・・そうやって何年も皆さんが応援し続けてくださってかごしまんまを繋いでくださってきたからこそ、この小豆計画が始動できました。
資金ゼロ、知識ゼロ、経験ゼロの私がここまで走ることができたのは、紛れもなくかごしまんまを応援し続けてきてくださった皆さんのおかげです。どれほど奇跡で尊いことでしょう。どのような言葉も今の気持ちを表すことができません。
「こんなにもリピーターが多い会社は聞いたことがない」と、どの金融機関にも、どの指導団体(市や商工会や経営支援など)にも、まず驚かれます。そして熱心に理由を聞かれます。
でもいつも理由はうまく答えられませんし、おそらく相手にも伝わっていません。一番に考えられる理由は、私自身が放射能や化学的な添加物や農薬がNOなこと、でもそれらを絶対的に排除するのではなく、金銭面や日常生活面で続けられる価格帯やモノでありたいこと、だと答えています。
完全無農薬や完全無添加の完全九州産のみのお店にしたら、日常的に使える野菜セットや食材は実現不可能でした。
あともう一つの理由として、かごしまんまをご利用してくださる方々は、他のお店の商品では替えがきかないこと。常にそのことを忘れずにいます、と答えます。例えば九州産大豆の豆腐や納豆や野菜や牛乳卵肉魚類は他のお店では買えないので、急に欠品したり配送事故があったりした時には市内中、ときにはもっと遠方まで色々なお店を走り回って同じ商品を探して買って揃えることも多々あります。なぜならかごしまんまの商品が届かないと、そのお客さんは不安を抱えて何軒ものスーパーを梯子して食材を探し回らねばならないからです、と答えます。
でもそういう理由を述べても、金融機関や指導団体には全く伝わらず、わかってもらえません。
もっというと、かごしまんまにおろしてくださる生産者の皆さんにもわかっていただけていないだろうな、とも感じています。
なのでなぜかごしまんまを立ち上げたのか、どうして続けているのか理解してもらうのも難しいだろうと思って、あえて人間関係を避け友達もつくってきませんでした。だから2011年以降ずっと、鹿児島でも孤独でした。
それを支えてくださったのが、皆さんからのいつものご注文や応援メッセージや感謝のお言葉でした。
先月から『鹿児島の地小豆を復活させ、地元農業とスイーツを盛り上げたい!』というクラファンに挑戦                     して、地元のラジオやTV新聞も応援してくださり、お陰様で第1目標達成&ネクストゴールを目指すところまできました。他人との交流をあえて避けて生きてきた私にとって、この2ヶ月間は本当に色々な人と出会い、関わり、人の想いや温かさを感じ、心を開くことができた、久しぶりに人間らしい日々でした。
自分だけではどうしても越えられなかった壁を、皆さんの想いや応援によって乗り越えられるかもしれない、そう思うことができました。心から感謝いたします。ありがとうございます!!!
私はこの日々を一生忘れません。泣いても笑ってもクラファン挑戦も今月末まで。最後まで諦めず、頑張ります!!
この2ヶ月ずっとうるさく騒いでいて、本当に本当にすみません。
今日も皆様の冷蔵庫と食卓とおうち時間が安心と幸せで一杯になりますように。同じ空の下、心から願っています。

Edit by 山下 理江