2021 July

2021年7月後半版

Jul 15. 2021 かごしまんまだより

この度はご注文いただき、ありがとうございます。商品は無事に届きましたでしょうか。
卵や豆腐等の破損、野菜や商品の凍結(葉物野菜の溶け)などがありましたら、到着日またはその翌日までに弊社へメール連絡をお願いします。メールに写真添付頂けますと状況把握・業務改善につながります。

【梅雨明け】
鹿児島は梅雨明けし、とたんに『ぐいーんっ』と音が聞こえるような勢いで気温がぐんぐん上昇し続けてます。
あっちいです。
ミョウガとオクラとキュウリと青シソと水菜のサラダを朝食につくって食べたら、旬スイッチがシャキーンッと入り、一日頑張れました。
その時期の自然の恵みと身体が欲する栄養がシンクロした時に、旬スイッチが身体に入ります。
旬スイッチを身体が感じると、まるで温泉に入った瞬間のように『お”~っ』っと声が出てしまうほど気持ちいいときがありますね。自然のサイクルって本当にすごいです。
この時期は、オクラ、青シソ、ミョウガ、トマト、ゴーヤあたりを食べたときに旬スイッチを感じられます。
これらの野菜が苦手な方も、夏バテの時はほんのひとくちでもいいのでぜひ食べてみて下さい。
旬の野菜はその季節に身体が欲している成分が入っているので、体調回復の手助けになります。
おババ(母)は、千葉から移住してきた当時はゴーヤが苦手でしたが、今では夏はすっかりゴーヤの虜。ゴーヤをミキサーにかけて、100%ゴーヤジュースにしてごきゅごきゅ飲んで『お”~っ!』と声を出してます。
・・・私はまだそこまでゴーヤ道を極められてませんw。

【小豆植付けスタート】
前号でお知らせしました『かごしまんま小豆プロジェクト』(仮称)。
ほぼ北海道産が独占している小豆市場。鹿児島産小豆のあんこが食べたい!という想いで動き出したプロジェクトです。
既に5人の生産者が決まり、約2反分くらい作付けすることになりました。7月9日におババは種まきを終了。他の生産者さんも8月上旬までには種まきを終了します。
しかしまだ工房も製餡機も手に入れてません。お金もありません。さあ、どうするりえし!
実は融資や補助金の類は、熱意や夢だけではなかなか銀行も国も自治体も動いてくれません。
なのでまず自分が実際に動いて、生産と製造と取引先の見込みをつくります。
これ、超プレッシャーなんですよ~。もしこのまま銀行がお金貸してくれなかったら私は大量の小豆を抱えながら自己破産です。もちろん怖いっす!
でもまあ『かごしまんま』の立ち上げ時に比べたら気持ちはかなり楽です。当時は、取引先や売上見込みはおろかホームページもない状態で、自己資金ゼロで銀行に融資をお願いするというむちゃぶりでした。
それに比べたら、いまは応援してくださるお客さんも取引先も生産者さんもたくさんいます。
プレッシャーもやる気の原動力になります。さあ、これから機械や建物の見積もりをとって、今後5年間の経営計画を立てて、商工会と銀行にお願いしに行きますよ~。りえしの辞書にはプラス思考しかありません!
また途中報告いたしますね。

皆様の冷蔵庫と食卓とおうち時間が安心と幸せで一杯になりますように。同じ空の下、心から願っています。

Edit by 山下 理江

2021年7月前半版

Jul 1. 2021 かごしまんまだより

この度はご注文いただき、ありがとうございます。商品は無事に届きましたでしょうか。
卵や豆腐等の破損、野菜や商品の凍結(葉物野菜の溶け)などがありましたら、到着日またはその翌日までに弊社へメール連絡をお願いします。メールに写真添付頂けますと状況把握・業務改善につながります。

【九州産小豆のあんこが食べたい】
九州産小豆の今川焼とかあんぱんやおしるこが食べたいな~
思いを抱き続けて10年。
毎年11月になると山奥のおばあちゃん2人がつくった小豆を全量買い取りしていたのが、去年はまさかの収穫ゼロ。もうまる1年手作りあんこを食べてません。できたてのあの、あったかいあんこが恋しい・・・。
調べれば、小豆の生産は北海道が93%を占めていますが、残りの7%は全国各地で栽培されており、鹿児島でも自家用程度に栽培している人はけっこういます。
市場に流通しているほとんどが北海道産。しかも大豆の生産と同様に年々生産者数が減少しているようです。
きゅ、きゅうしゅうさんが食べたい・・・。九州産の小豆で作った商品をお客さんに楽しんでもらいたい。
そこでチャレンジしてみることにしました!
実は2年前にも一度そう思って、鼻息を荒くしてつくったパワーポイント資料片手に商工会議所に相談に行きましたが、その時は笑われてしまいました。「北海道産がブランドなのに、なんで鹿児島で小豆を作らにゃあかんの?別に北海道産でいいじゃない?ってなりますね」と。
でも先日、懲りずに商工会議所へ再び相談しに行きました。すると今度は「面白そうですね!」と好反応。
商工会議所の担当者が変わったからかもしれません。
「とにかくスタートしたぞ!種買って生産者さんと取引先を探して、経営計画練っていこう!」と意気込んで銀行に相談した数日後には、もう井之上さんがやってきました。「役所から聞いたよ、小豆作りたいんだって!5セならつくるよ♪」なんと狭い田舎!なんと頼もしいお言葉!・・・ん?『5セ』ってどんな単位ですか?!
さらに井之上さんが帰って5分後には、銀行の担当者が「どうですか~、小豆の進捗情報は」と来ました。
すかさず私は即答ですよ、「生産者さんの目星もついてきました。5セは確保しましたから(ドヤッ)!」

5セとはどうやら150坪らしいです。わあ広~い。すご~い。
どうか大雨とか台風が来ませんように。虫や細菌に攻撃されませんように。

どうせやるならあんこの中でも一番おいしい丹波大納言種を。
生産者さんが毎年安心して作り続けられるような買取価格を。
台風や大雨などの災害で収穫ゼロの年にも対応できる貯蔵庫を。
かごしまんまオリジナル原料でつくる美味しくて安心な製餡所も。
ワクワクしてます。

おババもかごしまんま敷地内でつくってくれることになりました。(※おババ→我が母)
まだ産声を上げたばかりでどうなるか全くわかりませんが、ツイッターとかごしまんまだよりで随時ご報告させていただきます。がんばりまっせ!!
皆様の冷蔵庫と食卓とおうち時間が安心と幸せで一杯になりますように。同じ空の下、心から願っています。

Edit by 山下 理江