平成24年8月18日(金)

Aug 18. 2012 かごしまんまだより

この度はご注文いただき、ありがとうございます。商品は無事に届きましたでしょうか。

早いもので、私は千葉から移住してきて9か月目に入ります。先日は父の初盆の法事がありました。会席料理には、タコ、ホタテ、人参や大根やレタスなど九州では今の時期収穫できない野菜、どこの製造かわからない冷凍食品のハンバーグ、サバ・・・・が並び、食欲が全くわかず悲しくなりました。せっかく食の宝庫である九州なのですから地元の食材を使用すればいいのに・・・と思いました。流通が発達した日本では、どこにいても内部被ばくや添加物摂取の可能性があり、安心できません。
大好きだった父の膵癌発病がきっかけでなんとか鹿児島に移住できた私が、父の死を無駄にしないためにも日本の為にすべきことは、安全な食べ物を「提供して応援」だと改めて深く心に刻みました。そして南の食の安全を守るために、生産者の方々にも放射能汚染への防御の大切さを日々お伝えしていくことが「かごしまんま」の会社としての使命だと考えております。
今、弊社ではスキムミルクとキャンディと料理酒やみりん等の商品を開拓・開発中です。
子供たちに安全な食べ物を与えたい。一人の母親として、切実にそう願います。自分が本当に安心して買える食材をこれからも妥協なく商品開発していきますので、決して歩みは早くないですがどうぞ見守っていてください。

ご希望野菜のリクエストは承りますが、旬ではない野菜はどうしても価格が高騰したり、品物自体が市場にありません(九州産ではないものはあります)。すべてのリクエストにお応えできないことをどうかご了承ください。
季節感なく一年中欲しいものを食べていた生活。しかしこれを思い切って切り替えて自然の旬のものを頂く食生活に切り替える。どうぞどうぞこのシフトチェンジにご理解ご協力くださいますようお願い申し上げます。
また、かごしまんまの野菜は農薬や化学肥料を極力使用しないので、市場のものより輸送に弱いです。もしかしたらお手元に届くまでに弱り見た目が少し悪くなっているかもしれません。虫が一緒に眠っているかもしれません。申し訳ありませんが、無害ですので丁寧に洗って食べてください。見た目は悪いですが穴が開いている葉も食べられます。
それでも低農薬、有機農業、季節のお野菜にこだわり続けます。自然の恵みを自然のままに頂くのが一番体にいいからです。
その他の商品も安全性とおいしさにこだわりぬいたものばかりです。
まだまだ弊社のような小さな企業ではできることも限られていますが、これからも「かごしまんまポリシー」を守り抜くべく頑張って参ります。
なにより皆様と皆様のご家族のご健康と明るい未来を心より深くお祈り申し上げます。

Edit by 山下 理江