2021年9月前半版 

Sep 1. 2021 かごしまんまだより

この度はご注文いただき、ありがとうございます。商品は無事に届きましたでしょうか。
卵や豆腐等の破損、野菜や商品の凍結(葉物野菜の溶け)などがありましたら、到着日またはその翌日までにヤマト運輸または弊社へ連絡をお願いします。写真を添付頂けますと状況把握・業務改善につながります。

【多田りんご園さんに行ってきました】
今年も行ってきましたよ~、多田りんご園。
宮崎県都城市にある、日本最南端のりんご園です。
園主の多田さんは84歳というご高齢なので、開園するかどうか毎年ドキドキして開園を待ちます。
今年も元気そうなお姿にホッとしました。
ここには「つがる」などのメジャーな品種もあるのですが、なぜか「秋映(あきばえ)」が美味しいんです。
おそらく秋映が南国の気候に適しているのでしょう。めちゃめちゃ小ぶりなりんごで、しかもお値段がお高い。でも食べると納得。シャキシャキして、酸味も甘味もバランスよくて「旬ドストライクですよ~!」という旬スイッチが舌と胃袋から脳へと抜けてズキューンッという衝撃が走ります。
このりんごを1度食べたらもう毎年この時期が楽しみで仕方ない、という人が続出です。
なのでかごしまんまから片道50kmの道中も苦に感じず収穫に行けるんです。
多田りんご園さんは皆さんご高齢なので、収穫も選別も全て私とかごしまんまスタッフでやります。
かごしまんまの人間は普段は冷蔵庫系なので、こういう夏のアウトドアは身体にこたえます。朝一番に出発し、9時から30分も収穫しているともう汗だくで疲労困憊。なのであらかじめお風呂道具と着替えも持参します。収穫後はりんご園近くの銭湯で心も身体もキレイサッパリリフレッシュ。そして『一骨入魂』という美味しい博多ラーメン屋さんで昼食をとって帰路につきます。
今回は9月に入らないうちに行ったので、まだ大きいのがちらほらありました。4個以上ご注文の方には大きいりんごも入りますヨ(なくなり次第終了)。
ただ今回収穫分は旬の初めなので、やや酸味が強いかも。美味しさの印である『表面のひび割れ』もまだそんなに出ていません。なのでシャクシャク感が最高。美味しくて一気に2個食べちゃいました。
これから9月中旬になっていくにつれてもっと赤く熟して甘くなっていくと思われます。
かごしまんまホームページに商品アップしてますので見てくださいね。
小さくて見た目が悪いのに美味しくて、ホント色々びっくりなりんごです。
どうぞ今年も楽しんでくださいネ。

皆様の冷蔵庫と食卓とおうち時間が安心と幸せで一杯になりますように。同じ空の下、心から願っています。

Edit by 山下 理江