2021年12月前半版

Dec 1. 2021 かごしまんまだより

この度はご注文いただき、ありがとうございます。 商品は無事に届きましたでしょうか。
卵や豆腐等の破損、野菜や商品の凍結(葉物野菜の溶け)などがありましたら、到着日またはその翌日までに
ヤマト運輸または弊社へ連絡をお願いします。 写真を添付頂けますと状況把握・業務改善につながります。

【霜が降りると夏野菜も虫もトカゲも退場です】
ここ鹿屋では11月28日に霜が降りました。
霜が降りると、ズッキーニやパパイヤやナス等の夏野菜が畑から強制退場させられます。
かごしまんまツイッターやインスタでも動画をUPしているのでぜひご覧になって欲しいのですが、夏野菜の多くは霜が降りると葉っぱが溶けてしまったり枯れてしまったりします。
すると光合成ができなくなってあっという間に全滅していきます。
虫やトカゲなどの変温動物も寒さに弱く、霜が降りると自然の神様は残酷なほど平等に命を奪っていきます。
葉の陰に隠れてなんとか生き延びているカマキリが、 最後の力を振り絞って木の枝に卵を産んでいるのを見ると、命の輝きや尊さを実感します。
「1つくらいなんとかなりませんか?」というリクエストもよく頂くのですが、霜が降りた後でも市場や店頭に出ている夏野菜はあんまり品質が良くないことが多いです。
なぜなら霜が降る前に収穫しておいた古いものか、霜が降りた後の瀕死状態の株からもぎ取ったものが多いから。共に生命力があまりなくて、柔らかくなっていたり萎びていたりします。
なので、かごしまんまでは霜が降りたら夏野菜は全て『在庫切れ』にします。
ハウス栽培できる夏野菜は、ハウス内を石油や電気で暖かくできるので1年じゅう購入できるようになりましたが、これら燃料代が年々高騰し続けているので、野菜単価も上がりつつあります。難しいですね~

【チカラある野菜の見分け方】
野菜の目利きをずっとやっていると、新鮮かそうでないかのポイントはいくつかあって、必ずそこを押さえて仕入れるようにしています。お店で青果を選ぶ時の参考になれば幸いです。
重要ポイントその①→→→旬かどうか(旬のものが成長に一番負担がないから、チカラある野菜になります)
重要ポイントその②→→→カット断面やヘタが青々としているか(鮮度が一番わかりやすい箇所です)
重要ポイントその③→→→セロテープやシールがあれば、剥がれやすいかどうか(粘着面がはがれにくいのは古い証)
重要ポイントその④→→→水曜日やお正月・お盆は市場が休みなので、お店に野菜は入荷しない(古い野菜しかない)

【年末年始のお知らせ】
12月29日~1月5日まで年末年始休業とさせて頂きます。
年内最終出荷日は12月28日(締切は12月21日)、年始は1月7日(締切は12月31日)です。
よろしくお願いします。

皆様の冷蔵庫と食卓とおうち時間が安心と幸せで一杯になりますように。同じ空の下、心から願っています。

Edit by 山下 理江